HOMEINFORMATION-インフォメーション・新着情報詳細

新着情報詳細

JID AWARD 2017 募集要項発表


選考委員会では、JID AWARD 2017 の募集要項を発表しました。
今回の「JID AWARD 2017」では、従来のJID大賞、インテリアスペース部門賞、インテリアプロダクト部門賞に、2015年から設定されたNEXTAGE部門賞(まだ製品化されていない試作による提案や施行されていない空間提案など挑戦的デザインを対象)の3部門となる。また、応募方法もウェッブサイトからエントリー登録・作品登録し、応募された作品画像データを基に第一次・弟二次審査、入賞候補作品を選出するなど時代に沿うようにしております。その後、第三次審査での現地・現物審査を経て、最終審査で各賞を決定します。

応募期間:2017年1月16日(月)〜2017年4月10日迄

JID AWARD 2017オフィシャルサイト http://jid-award.com/index.html

応募に際し正会員・賛助会員・一般デザイナー・企業内デザイナーは問いません。
たくさんのご応募お待ちしております。

    JID AWARD 2017
         担当理事 瀬戸 昇
         委員長  米谷ひろし


JID AWARDとは、1969~1992年に「協会賞」として発足。日本のインテリデザインの質と認知度を高めることを願って、優れたデザイン作品や関連活動の表彰を行って来ました。1969~1992年に「協会賞」として発足。その後、1994年に公募方式の「JID賞」となり、2002年まで毎年開催。2006年からは、2年ごとに1回「JID賞ビエンナーレ」とし再開。2015年から毎年開催しています。歴史あるJID賞は、多くの優れたデザイン作品や活動が受賞し、多くの逸材を輩出しています。

JID AWARDは、デザイナーや企業等の優れた活動成果を表彰して日本のインテリアデザインの質的向上をはかり、豊かな生活、社会、文化の発展に寄与することを目的にしています。現代の多様なライフスタイルへの提案をはじめデザインによる地域への貢献、福祉や環境的視点を持つ取り組み、若いデザイナーの意欲的な試みなどに対しても積極的な評価を行い、インテリアの重要性、デザインの力を社会に発信します。今回の「JID AWARD 2017」では、“偶然と必然”をテーマに設定。どの部門においてもさまざまな挑戦的作品の応募を期待しています。