JIDnews 281

JIDnews は、公益社団法人 日本インテリアデザイナー協会が発行する機関誌です。




暮らしを考えるExhibition“デザイン・リフレクション”ご報告

 

西日本エリア 担当理事 酒井コウジ


JID創立60周年記念事業として、西日本エリアと大阪デザイン振興プラ(ODP)
の共催による、暮らしを考えるExhibition“デザイン・リフレクション”として
4つのイベントを10月10日から13日の4日間開催いたしました。

これまでの暮らしやデザインを振り返り、インテリアデザインが社会、文化、未来の私たちの生活環境に果たす役割について、参加者と ‘共に考える’ ‘問いかけ’ のExhibitionです。期間中来場者:1050名 
*詳細は別紙報告書をご覧下さい。

暮らしを考えるExhibition テーマ:Reflection―暮らし再考―
□10月10日(水)~13日(土)作品展示。
於:大阪デザイン振興プラザ
 JIDレジェンドから次世代を担うクリエーター作品を一堂に集結した展示。
 次世代に繋ぐ(結ぶ)問いかけのExhibition。 出展作品:72点

□10月10日(水)テーブルラウンドディスカッション&Wine PARTY
 於:トーヨーキッチンスタイル大阪
 JID、ODP、BIID(日本支部)の3団体共催によるイベント、Architectural&Interior Design Roundtable Discussion Forumを開催。
クリエーター6名、モデレーター、ファシリテーターでのディスカッション。
時間不足で充分なディスカッションに至らず、次回に持ち越し・・・
終了後、WinePartyで交流、情報交換会を行ないました。参加者:84名

□10月13日(土)デザインカンファレンス&セミナー
 於:大阪デザイン振興プラザ多目的ホール
 ゲスト4名による「これまでの暮らし、これからの暮らし」について
 デザインの歴史や思考から歩むべき方向を探るセミナー。参加者79名

□10月13日(土)デザイン4団体(KIPA,JCD,JIDA,JID)共催。
 関西デザイン学生シンポジューム&作品展(10月10日~13日)
 於:大阪デザイン振興プラザ多目的ホール
 テーマ:「CO:共有・共生のデザイン」お互いの価値観を認め合う、お互いの価値観を利用し合う。
 お互いの理解を深めて協調していく、自然との調和、自然、地域、人々が共に生きていく為のデザインとは?問題提起から、モノ、コト、場、空間、更に小道具の提案など・・・の発表と作品展。
 プレゼンテーション参加校7校、37名。作品展参加校6校

 



JIDレジェンドの展示


JIDレジェンドの展示


会員作品の展示


会員作品の展示


デザインカンファレンス&セミナー


学生シンポジューム


暮らしを考えるExhibition「デザイン・リフレクション」開催報告書